女の子と激しい1発

女の子と一緒に一階の自分の部屋に向かうことにします。

部屋に入るとニコニコしながら、抱きついてきました。

年齢を聞くと19歳とのこと。

10代、たまらんですね(笑)

サービスはよさそうです。

黒髪ロングのかわいい娘です。

ショートパンツにロングのシャツで「下履いてないんじゃないの?」というようなスタイルがそそります。

そのままベッドに押し倒して軽くキスです。

そのまま服を脱がして1回戦と思いましたが、女の子から「先にシャワー浴びて」との言葉でシャワーに行くことに。

自分が浴びた後、女の子がシャワーへ行きます。

脱いだ体を見ましたが、スレンダーでおっぱいもそこそこありそうです。

まさに管理人好みのスタイルです。

女の子がシャワーから上がってきて自分の横に寝ました。

ひたすら、テレビのチャンネルをいじってお気に入りの番組を探しています。

結局、タイの音楽番組に落ち着いたようです。

ラオスの娘はみんなタイ語が分かるんですね。

その後、軽くほっぺにキスしながら、黒髪ちゃんの体をまさぐっていると、1回やろうかという雰囲気になりました。

すると、黒髪ちゃん部屋の電気を消しに行きます。

黒髪ちゃんの美しい裸体を拝めないのは残念ですが、指先と舌先で確かめることにします(笑)

とりあえず、ベッドの上でバスタオルをはぐと、綺麗なおっぱいが露わになります。

思いっきりもんで、乳首を舐めて楽しませてもらいます。

ただ、黒髪ちゃん…おっぱいは綺麗なんですが弾力がありませんでした。

揉んでも、ふにゃふにゃです。

これはちと残念でした。

揉みごたえが思いの外無かったので、吸って楽しむことにします。

その後、全身を愛撫しながら下半身に到達すると、花園はすでに湿っていました。

攻めたら、もっと濡れてきそうな気がしますが、黒髪ちゃんから「コンドーム」との一言。

入れて欲しいというアピールですね。

最近はここでよく迷います。

自分としてはもう少し攻めたいし、女の子ももうちょっと濡れてからの方が気持ちいいのでは?と思うのですが…。

ただ、女の子がそう言ってるので従うことにします。

ゴムをつけて挿入すると、黒髪ちゃんの中は狭くて中々入りません。

黒髪ちゃんも「ビッグ?」とか言って痛がってます。

そんな大きくないんですけど(笑)

ていうか、黒髪ちゃんのあそこが狭過ぎです。

ゆっくり挿入していくと、ようやく黒髪ちゃんの中に自分の息子が全部おさまりました。

黒髪ちゃんの中は狭くて気持ちいいです。

ゆっくり動かすと黒髪ちゃんも少しずつ感じてきたみたいです。

少しずつ動きを大きくしていきます。

しかし、黒髪ちゃんの太ももと自分の太ももが接した時に、黒髪ちゃんから「痛い」のひと言。

えぇ、日本語?と思っていると、黒髪ちゃんが、太ももを見せてきます。

なんかよく分からないんですが怪我してます。

黒髪ちゃんは少し英語が分かるので、自分が「どうしたの?」と聞くと、「前のお客さんが?」とか言ってます。

荒目にプレイされたんですかね?

ただ、太もものところを痛がるのでそこを避けてのプレイになったので少しセックスの体制はイレギュラーになりました。

まぁ、それでも黒髪ちゃんの中は狭いので十分気持ちいいです。

緩急をつけながら黒髪ちゃんの奥まで突いていると次第に黒髪ちゃんも気持ちよくなってきたのか、どんどん濡れてきます。

「オッケー。ユーフィニッシュ」という黒髪ちゃんの言葉を合図に、自分も腰の振りを激しくします。

自分の腰の振りに比例するように黒髪ちゃんの声も大きくなってきます。

最後はほぼ絶叫でした。

そんな黒髪ちゃんのあえぎ声を聞きながら、発射です。

本日1発目ということもあり、大量のミルクが発射されました。

コメントを残す