黒髪ちゃんにしっかりと種付け

その後、また黒髪ちゃんはテレビを見ながらまったりモードです。

あれだけ濃厚に自分のエキスを黒髪ちゃんに注ぎ込んだあとなので、自分も休憩です。

スマホをいじりながら、のんびりしていると黒髪ちゃんが自分の腕を触ってきます。

なので、自分が黒髪ちゃんのお腹に頭をのせて膝枕ならぬ、お腹枕の体制になりました。

重くないというと、黒髪ちゃん「ははは~」と笑っています。

そのままの体制でしばらくお互いまったりしていました。

ただ、黒髪ちゃんのお腹にもたれながら、黒髪ちゃんの太ももをさわさわしていたら、また息子が元気になってきました。

黒髪ちゃんにキスをすると、黒髪ちゃんからもキスしてくれて、そのままフレンチキスの応酬です。

そして、そのまま気づいたら2回戦の流れに入っていきました。

まずはお互いの舌を絡め合いながらのディープキスからスタートです。

その間にも自分の手は黒髪ちゃんの髪をを撫でて、黒髪ちゃんは自分の背中に腕を回してきます。

キスして肌を合わせているだけでも、めちゃ気持ちいいです。

やっぱり、若い子の吸い付いてくるような肌はたまらないですね。

そこから、黒髪ちゃんのおっぱいに顔を埋めます。

このまま窒息したい(笑)

そのまま、全身を舐め回して最後はお○んこです。

お○んこに顔を埋めてなめても、もう拒否しなくなりました。

あきらめた(笑)

少し舐めているとお○んこは大洪水です。

でも、シーツを握りしめて、こらえている黒髪ちゃん。

それを見て、自分の息子もギンギンです。

先ほどと同じように息子をお○んこにこすりつけてみると…抵抗しません。

はい、生挿入です!

あ?、やっぱすごい締まりですね。

でも、今回はさっき一発出してるんで激しくしても持ちそうです。

さっきよりは激し目にピストンです。

黒髪ちゃんを突き刺すようにガンガンつきます。

すると、「痛い!」

あっ、そうだ太もものこと忘れてた…

ついつい黒髪ちゃんに生で突き刺している快感に相手のことを忘れてました。

ただ、ひたすら快楽を追求する獣と化していた(笑)

そこからは黒髪ちゃんの太ももを気遣いながら、スローピストンで。

ゆっくりとしかし体を密着させてお互いの体温を感じながらのセックスです。

目が合うとディープキスで舌を絡めます。

その間も意識的にか無意識にか黒髪ちゃんがお○んこをキュッと締めてきます。

あぁ、マジで気持ちいい。

スローセックスの方が黒髪ちゃんと一体になってる感じがしていいかもしれません。

一生このまま繋がってようかとも思いましたが、限界です(笑)

黒髪ちゃんをの腰を持ち上げて自分の息子に押し付けます。

そして、そのまま黒髪ちゃんの暖かいお○んこにつつまれて放出です。

ドクドクと波打ってます。

2回目とは思えないくらい出ました。

そのまま、しばらく抱き合ってると、黒髪ちゃんにバチンと背中を叩かれました。

そして、そのまま黒髪ちゃんはシャワーへダッシュです。

じぶんの精子を洗い流してるんでしょうか。

あれだけ注ぎ込んだので、ちょっと残っちゃうかもしれませんねって女の子からしたら笑えないか。

黒髪ちゃん、またシャワーから帰ってきて服は来たもののゴロゴロして、友達と電話したりしています。

そのまま、自分のかばんについているキーホルダーを引っ張っています。

そして、「これ頂戴」と言ってきました。

中出しさせてもらったお礼にありがたくお渡しすることにしました。

他にもお腹が減ったというので、部屋にあったお菓子をあげて、gohomeしてもらいました。

本日は2発も中出し出来て大満足です。

テレビで欧州サッカーをやっていたので、それを見ながら自然と眠りについていました。

コメントを残す